会長コメント

下関北九州道路の平成29年度調査に対するコメント
平成29年3月31日

 下関北九州道路については、先日の中央要望において、石井国土交通大臣から、「地域が行う具体的な調査に対し、国が予算面・技術面での支援を行うことを前向きに検討する。」とのお答えをいただいたところです。
 本日、福岡県より、来年度の国の当初予算において、下関北九州道路の調査費の補助が行われることになったとの連絡を受けました。来年度から、より具体的な調査に対して国の支援が得られたことを、大変うれしく思っています。
 石井大臣をはじめ国土交通省の皆様のご英断と、これまで長きにわたり要望活動を共にしてきた関係の自治体、議会、経済界の皆様のご協力、ご尽力に感謝を申し上げます。
 早速、我々地域関係者一体となって、調査委員会を設置し、国にも参画していただき、ルート、構造形式、事業手法の3つの観点から具体的な調査を進め、地域の悲願である下関北九州道路の早期実現を目指してまいります。

一覧
ページの先頭へ