企業紹介

黒瀬水産株式会社

視察内容

【視察プログラム】
◇サインアップ(10分 7:30~)
 ・見学者の体調管理(風邪等罹患している場合は衛生上見学不可、手指に切創等ある場合は、手袋着用必要)
◇食品加工の見学(1時間 7:40~)
 ①反転機(原料搬入)
 ②第一工程(計量・頭部切断・内臓除去・3枚卸し)
 ③第二工程(トリミング・ロイン加工)
 ④第三工程(真空包装・金属検出器・計量・梱包)
 ⑤出荷準備室(ピッキング)
 ⑥検査室(エクセレントラボ)
 ⑦工場全般(食品安全マネジメントシステム取得)
 ⑧フードディフェンス
◇事業概要説明(20分 8:40~)
◇黒瀬漁場の見学(1.5時間 9:00~)※船にて沖合まで移動(約15分)
・給餌風景
 ・生簀上げ風景
◇質疑応答、意見交換(45分 10:30~)

詳細

見学施設名 本社加工工場・串間養殖場
見学施設電話番号 0987-72-7700
HP http://kurosui.jp/index.php
分野 水産養殖業(ぶりの養殖)
旅行目的 水産物の加工工場ならびに養殖場見学
受入可能人数 10名/回
訪問可能曜日・時間 主として取引先に対し実施しており、日程については要相談(日曜日のみ休日)
加工場は早朝稼働のため7:30~約4時間
料金 無料
通訳 必要
事業内容 ◇人工種苗生産
・頴娃種苗センター(鹿児島県南九州市)にて受精卵からのぶりの人工種苗を生産
◇漁場および養殖
①串間・黒瀬漁場
串間には、串間漁場と沖合に黒瀬漁場があり、育成と出荷で使い分けをしている。出荷は当歳の秋~出荷前まで黒瀬漁場で育成し、出荷時期に串間漁場へ移動。
生簀設置台数は黒瀬漁場=198台、串間漁場=58台
②内之浦漁場
内之浦漁場は、モジャコ~当歳魚専用漁場として使用。
生簀設置台数は82台
③延岡漁場
延岡には、島浦漁場・浦城漁場・浦城沖漁場の3つの漁場があり、モジャコ時期は島浦漁場で、当歳魚は浦城漁場又は浦城沖漁場で養殖。生簀設置台数は浦城漁場=20台、浦城沖漁場=120台
◇浮沈式生簀
・浮沈式生簀とは、生簀自体を浮かせたり、沈めたり出来る生簀の事。作業を
行う以外は常に沈める。
仕組みは浮沈タンクに空気を入れれば浮き、空気を抜けば中に海水が入り沈む仕組みとなっている。沈下時の生簀上部の水深は、約10m。
◇食品加工
①水揚げ
早朝5時、当日加工するぶりの水揚げを行います。
魚にストレスを与えないよう迅速かつ丁寧に水揚げします。
水揚げされたぶりは鮮度を逃さないよう即座に船上で活〆・脱血され、船倉内のシャーベットアイスで冷やされます。
②第一工程
船から陸揚げされたぶりは全て第一工程に搬入されます。
1尾ずつ計量し、外観に異常がないかチェックします。
商品形態によって頭・内臓・尾部が処理され一定温度以下になるまでこの工程で冷却されます。フィレー・ロインはフィレマシンで3枚卸しにし、次の工程に送られます。
③第二工程
第一工程で3枚卸しにされた魚は、第二工程でトリミングを行います。担当者の厳しい目で身質に異常が無いか確認し、合格したものが製品になります。また、この工程で加工度の高いロインの生産を行います。
④第三工程
製品を真空包装し、全て金属検出機を通し金属異物の無いことを確認します。その後、計量し箱詰め、氷の投入を行います。
⑤出荷準備室
お客様のご注文通りに仕立てられた製品は、宛先と重量を確認し、各地に向けて出荷されます。
⑥検査室
日々、生産される製品は工場内に設けた検査室で自主検査を実施し、細菌検査を行います。この検査室は「エクセレントラボ」と呼ばれ、日本水産(株)食品分析センターの指導のもと運営しています。商品の他にも、工場内機器の衛生検査を行い、工場内の衛生状態を維持するため、その結果を各工程にフィードバックします。検査員は年1回外部精度検査を受け、検査レベルを維持しています。
⑦工場全般
加工場は2007年に「対EU輸出水産食品取扱い施設」の認定を受け、HACCP方式による衛生管理を行っております。
また、2011年3月にはISO22000:2005「食品安全マネジメントシステム」も取得しました。
⑧フードディフェンス
工場内外に監視カメラを設置し、船から加工場内までの一連の流れを記録しています。また来訪者や、工場内への持込物の管理も行い、製品の安全性を高めています。
◇日本食への想い
・海外のお客様が、当社等の日本の食品工場への見学ならびに試食を通じて、自国に戻り、近隣の日本食料理店にて日本食のアンバサダー(大使)となっていただくべく海外のお客様への見学を実施いずれは素晴らしい日本食文化が世界に広まり、市場拡大につながることも視野に今後も活動していく。
担当者 串田様
窓口担当電話番号 0987-72-7700
メールアドレス kuccy@kurosui.co.jp
ページの先頭へ