企業紹介

国立大学法人熊本大学

視察内容

【視察プログラム】
・本館は、かつては五高の、昭和24年以降は熊本大学の象徴として、今日も人々に親しまれており、平成5年より「熊本大学 五高記念館」として一般公開されています。
  この校舎では、夏目漱石をはじめとする多くの優れた個性あふれる教師が教鞭をとり、またここから、池田勇人・佐藤栄作の二人の総理大臣をはじめとする多くの有為の人材が各界に送り出されてきました。ちょっとタイムスリップして、かつての旧制高校の学生生活を心ゆくまで味わってください。
◆第一室
第一室は、嘉納治五郎など歴代校長の肖像画や肖像写真を中心に展示している。また、講堂の正面に掛けられていた扁額、使用された公印なども展示しているが、中でも興味を引くのは開校当初の生徒募集の木製看板であろう。
◆第二室
第二室は、学校の建物の竣工写真、設計図、配置図、周辺地図などが展示されている。特に興味深いのは、当時の最先端の写真術で校舎を撮影した富重利平のオリジナル写真であろう。
◆第三室
 五高で教鞭を執った教師陣を紹介する展示室です。
◆第四室
この室では、著名な五高卒業生紹介されている。総理大臣を務めた池田勇人や佐藤栄作を中心に、政治家、学者、医者、官僚、法律家など各界で活躍した著名人を紹介しており、五高からかくも多くの著名人が輩出したかと驚かされる。
◆第五室
この室には、戦前の学校内外での生活の写真を中心に展示している。
弁論大会、図書館での勉強、軍事教練、そして阿蘇への鍛錬登山など学校生活の様子がうかがえます。
◆第六室
第六室は五高生の日常生活を写したアルバムからの写真が展示されている。生活の場であった「習学寮」での宴会、勉強をはじめ、授業など生活の様子、当時の盛り場であった上通りのカフェなどでの様子、あるいは小旅行の様子など、戦前の学生生活の様子がよく映されている。
◆休憩室
休憩室には、開校五十周年記念式典に寄せられた卒業生や歴代校長などの色紙が展示されている。
◆石碑
五高記念館の周辺には、五高教授だった夏目漱石やラフカディオ・ハーンなどの碑文や銅像、レリーフなどが配置されている。

詳細

見学施設名 五高記念館
住所 熊本市中央区黒髪2丁目40番1号
見学施設電話番号 096-342-2050
HP http://www.kumamoto-u.ac.jp/
分野 学校教育-各種研究
旅行目的 明治22年に建立された旧制第五高等学校の赤煉瓦の本館展示室
(国指定重要文化財)
受入可能人数 要相談
駐車場 専用駐車場無し
訪問可能曜日・時間 ◆開館時間:午前10時~午後4時
※但し、入館は午後3時30分迄
◆休館日:毎週火曜日 年末年始 その他
※3月~11月の祝日は開館
※12月~2月の祝日は土日と重なった場合のみ開館。
※熊本大学の行事の都合上、臨時に開館または休館する場合があります。
料金 無料
通訳 海外からの受入不可(要相談)
予約詳細 ※団体でご見学の場合は五高記念館まで問い合せ
担当者 運営基盤管理部総務ユニット 岸様
窓口担当電話番号 096-342-3117
メールアドレス sos-somu@jimu.kumamoto-u.ac.jp
ページの先頭へ