今月の月報

平成30年05月号(第682号)
「稼ぐ力を高める」をテーマに経団連と意見交換~第70回九州経済懇談会

  • PDFを見る
  • バックナンバー

表紙写真

びわ「なつた」より(長崎県)
「あすの九州・山口」5月号表紙説明

「びわ」(長崎県)

長崎県のびわは、江戸時代に三浦シオという女性が、中国からもたらされた「唐(とう)びわ」の種をまいたことから始まり、今や生産量・栽培面積ともに日本一を誇る特産品です。
「長崎びわ」は、「茂木」、「長崎早生」、「福原早生(商品名:長崎甘(あま)香(か))」、「涼風」、「なつたより」等の品種の総称で、本県の温暖な気候を活かして長崎半島を中心にハウス栽培や露地栽培で生産されており、2月上旬から6月中旬まで出荷が続きます。
表紙を飾る「なつたより」は、長崎県産の露地びわのおよそ7割を占める「茂木」が、食味は良いものの果実が小ぶりなため、大玉系の品種が求められたことから、本県が約20年の年月をかけて育成したもので、平成21年に品種登録されました。果肉が軟らかく、果汁が多くて甘いうえ、果実の大きさと食味のよさをあわせもつなど、従来のびわの品種にはない優れた特徴があり、今後、「茂木」に替わる品種として期待されています。


≪問い合わせ先≫
長崎県農産園芸課 095-895-2944

巻頭言

先進的なICT活用による九州経済の活性化
一般社団法人九州経済連合会理事・情報通信委員会委員長 小澤正憲
(西日本電信電話(株)取締役九州事業本部長

寄稿

日本式医療ツーリズムの行方ーJCI認証機関25 日本国際病院41に拡大
国際医療福祉大学大学院教授 水巻 中正

九経連活動紹介

・稼ぐ力を高めるをテーマに経団連と意見交換~第70回九州経済懇談会
・ミャンマーの投資環境調査・ビジネス展開支援~ミャンマー経済交流ミッション   2018~
・九州・大学発ベンチャー振興会議
・九経連2018事業計画~九州の稼ぐ力と魅力の向上  第150回理事会
・空港・港湾の連携によるさらなるインバウンド需要の拡大と確実な取り込みを
 ~インバウンドを支える空港・港湾に関するセミナー
・日誌(3月)

講演要旨

・アジア×デジタルマーケティング~親日アジア経済圏430万人のコミュニティ
 藤井大輔(株)FUNJapan Communications 代表取締役社長
・米朝、対話か戦争か~ニュースの見方
 水本 達也 (時事通信外信部編集委員)
・電池電力貯蔵セミナー「低炭素社会実現に向けた二次電池技術の期待」
 池谷知彦 (一財)電力中央研究所材料科学研究所兼エネルギーイノベーション創発 センター 研究参事

新入会員紹介

株式会社 日田天領水

九州観光機構ニュース

・感動と物語の九州ー歴史と文化を掘り下げるうんちくの旅26
・文化庁の全国重要伝統的建造物保存地区をめぐる(南九州編)
 ~守り続ける土地の人への感謝

会員企業紹介

九州・山口地域動向

詳しく見る

日誌・スケジュール

ページの先頭へ