会長コメント

TPP11大筋合意に対するコメント
平成29年11月11日

TPP11大筋合意に対するコメント


 TPP参加国11か国による大筋合意に至ったことを心から歓迎する。共同議長の茂木大臣はじめ、粘り強く交渉いただいた日本政府関係者のご尽力に心から敬意を表したい。

 国内市場の縮小が避けられない中で、米国が参加していないとはいえ、人口、経済、所得の成長が著しいアジア圏をはじめとする海外市場の取り込みに向けた、自由で開かれた経済圏の拡大が合意されたことは、日本にとって大きなチャンスである。

 日本産品に対する海外の評価は高く、自らの産品に自信をもって、輸出拡大に取り組んでいきたい。グローバル市場は、大企業だけのものではない。中小企業や農林水産業においても、この協定を活用し、次世代の回帰と承継、成長産業化につなげていただきたい。

 九経連としても、「九州から日本を動かす」を実現すべく、輸出拡大に向けた環境づくり、実績づくりを重要課題として取り組んでいく。

一覧
ページの先頭へ