会長コメント

TPP法案の衆議院通過に対するコメント
平成28年11月10日

 昨年10月の大筋合意を経て、本日、協定承認議案が衆議院を通過した。TPPは、アジア太平洋地域の自由で開かれた経済圏を拡大する上で要となる協定である。

 我が国は、人口減少が進み、国内市場は確実に縮小していく。アジアをはじめとした海外市場を積極的に取り込んでいかなければならない。グローバル市場は大企業だけのものではない。中小企業や農林水産業においても、TPP協定を活用し、自らの産品に自信を持って、輸出拡大に取り組んでいただきたい。

 TPPは、今後の新たな経済ルールを作るものである。アメリカ次期大統領の意向はあるとしても、新たな経済ルールづくりを日本がリードして、国益の最大化を図っていただきたい。

 九経連としても、輸出拡大に向けた環境づくりを重要課題として取り組んでいく。

一覧
ページの先頭へ