企業紹介

三菱重工業 株式会社

視察内容

この史料館は、長崎造船所が日本の近代化に果たした役割を永く後世に残そうと、1985年(昭和60年)10月に開設したものです。
史料館に利用されている赤煉瓦の建物は、1898年(明治31年)7月三菱合資会社三菱造船所に併設の「木型場」として建設されたもので、三菱重工業株式会社発祥の長崎造船所に現存する最も古い工場建屋で、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」(2015年登録)の構成施設の1つです。
100年以上の風雪に磨かれた赤煉瓦は、わが国の近代工業の黎明期に於ける長崎造船所の華やかな門出を偲ばせます。
館内は13コーナーに分かれ、1857年(安政4年)に長崎造船所の前身の長崎溶鉄所建設が着手されたときから現在まで900点を展示しています。
日本最古の工作機械や海底調査用潜水器具の泳気鐘、日本初の国産蒸気タービンなど技術の進歩を物語る珍しい品々のほか写真等で長崎造船所の歴史的変遷を紹介しています。

詳細

見学施設名 三菱重工業株式会社 長崎造船所 史料館
住所 長崎県長崎市飽の浦町1番1号
受入可能人数 応相談
駐車場 団体用バス駐車場(無料)
(注)乗用車の駐車場はありません。個人のご見学者は専用シャトルバスをご利用ください。
訪問可能曜日・時間 9時00分~16時30分
休館日:毎月第2土曜日、年末年始、史料館停電日
※詳細はお問い合わせください。
料金 施設維持管理費として

大人(高校生以上):800円
小・中学生:400円
未就学児:無料

【障害者割引制度】
障害者手帳(注)所持者と介護者1名無料(介護者2人目からは通常料金)
(注)身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳
通訳 英語のみ対応可能
予約詳細 完全予約制。見学の際は、必ず電話で予約してください。
三菱重工業株式会社 長崎造船所 史料館 095-828-4134
ページの先頭へ