企業紹介

沖縄電力株式会社

視察内容

【発電所見学概要】
・発電所紹介(DVD10分、説明質疑10分)
初めに発電所の建設工事・発電設備の概要説明DVDを鑑賞してもらいます。
その後、沖縄における電力供給の状況や世界遺産である中城(なかぐすく)城跡に隣接し景勝地でもある吉の浦に立地するうえでの景観に配慮した配色等、パンフレットにて説明を行います。

・3F中央操作室見学(10分)
ここではLNGタンク、1号・2号発電設備、マルチガスタービンの状態を監視している様子を見学します。最大20名までのため、人数が多い場合は交代で見学していただきます。
サービスビル1階ロビーではLNGコンバインドサイクル発電システムや各機器の仕組みをパネルで詳しく説明しています。

・発電所構内見学(20分)
建学に来られた車両(バス等)の車窓から発電所構内を一周し、設備の見学を行います。
LNG燃料タンク・ボイラ・煙突等がご覧いただけます。

詳細

見学施設名 吉の浦火力発電所
住所 沖縄県中頭郡中城村字泊509番地の2
HP http://www.okiden.co.jp/
分野 電気業
旅行目的 LNG(液化天然ガス)コンバインドサイクル発電システムの見学
受入可能人数 10名~80名
駐車場 バス大型2台可
訪問可能曜日・時間 0時~12時、13時~17時
休館日:土・日・祝日、慰霊の日(6/23)
旧盆(旧暦7/15)、年末年始(12/28~1/4)
料金 無料
通訳 海外から申し込みの場合、通訳もご一緒に来所ください。
事業内容 ◇平成19年より沖縄県中部に位置する中城村において、当社初の液化天然ガス(LNG)を燃料とする吉の浦火力発電所の建設を進め、平成24年11月に1号機、平成25年5月に2号機が営業運転を開始しました。
当発電所は、「供給力」、「エネルギーセキュリティ」、「環境」の3つの観点から重要な電源として位置付けています。
特に「環境面」への配慮として、LNGコンバインドサイクル発電システムを採用しました。LNGを燃料とした火力発電設備は、硫黄酸化物やばいじんの発生がなく、CO2排出量も化石燃料では最も少ないこと、また、コンバインドサイクル発電システムは発電効率に優れた発電方式であることから、地球温暖化に対する抑制効果も期待でき、環境に優しい発電設備といえます。
予約詳細 発電部 吉の浦火力発電所 TEL:098-895-1960
※原則見学希望日の1ケ月前までにお申し込み下さい。
※その他都合により見学できない場合もありますのでお問い合わせください。
担当者 発電部 吉の浦火力発電所
窓口担当電話番号 098-895-1960
ページの先頭へ