企業紹介

崇城大学

視察内容

【工学部キャンパス】
・機械工学科、ナノサイエンス学科、エコデザイン学科、建築学科、宇宙航空システム工学科
(N号館:ナノサイエンス学科棟、D号館:エコデザイン学科棟、G号館;宇宙航空システム工学科棟、I号館:機械工学科棟、J号館:エコデザイン学科棟・建築学科棟)
 ・N号館:ナノサイエンス学科、2012年8月に完成したばかりの建物です。
  研究室、実験室、測定室、分析室)があります。M号館(アクティブコモンズ)と渡り廊下でつながっています。
 ・D号館:エコデザイン学科、(実験室、演習室)があります。
  設備:構造実験施設、コンクリート実験施設、土質実験施設
 ・G号館:宇宙航空システム工学棟科、(研究室、実験室、コンピュータ室、製図室および講義室)、ものづくりセンターがあります。
  ものづくりセンターでは、研究実験装置の製作を担当し、学内のみならず学外からのオーダーにも対応しています。
  本学のイベントなどで大活躍のミニSL・D-51もここで作られました。現在は本学で開発した磁気浮上リニアモータカーの研究・
  開発がすすめられています。
  設備:リニアモータカー、トラス模型、モアレ縞計測装置
 ・I号館:機械工学科棟、(研究室、実験室、機械加工室、CAD室、製図室、および講義室があります。)
  設備:機械工作実習工場、歯車加工実験装置、学生実習用レース工場
  CAD教育施設、電気粘性流体試験装置、光弾性実験装置
  3dprinter.jpg、3Dプリンター
 ・J号館:建築学科・エコデザイン学科棟、(研究室、実験室、製図室および講義室があります。)
  設備:環境情報室、製図室

【情報学部キャンパス】
・情報学科(F号館:情報学部棟)
 ・F号館:(F号館:情報学部棟)情報学科
 ・情報学科:研究室、実験室および講義室)があります。
  設備:・コンピュータルーム、情報工学実験、電波障害測定装置、太陽電池発電装置、ソーラーカー

【生物生命学部キャンパス】
・応用微生物工学科、応用生命科学科(H号館:応用微生物工学科棟、E号館:応用生命科学科棟)
 ・H号館:応用微生物工学科棟:(研究室、実験室および講義室があります。)
  設備: ・Bio CAD Sprint、キャピラリ型DNAシーケンサー、アミノ酸分析器、タンパク質配列分析器、質量分析装置、学生実験室、発酵槽
 ・E号館:応用生命科学科(棟:研究室、実験室および講義室)があります。
  設備: ・クリーンルーム、共焦点レーザ顕微 1、共焦点レーザ顕微鏡 2、高速液体クロマトグラフィー、細胞周期解析装置、細胞内シグナル応答解析装置、アミノ酸配列分析装置、胞子分離装置

【芸術学部キャンパス】
・美術学科、デザイン学科(L号館:芸術学部棟)
 ・L号館:美術学科:
 (エントランスより向かって右側)美術学科の研究室、実習室および講義室があります。
 ・L号館:デザイン学科:
 (エントランスより向かって左側)デザイン学科の(研究室、実習室および講義室)があります。
  設備:・エントランス、グラフィックデザインPCルーム、彫刻実習室、洋画実習室
  生活環境デザイン、ワークルーム

【薬学部キャンパス】
・薬学科
(P号館:薬学部棟)
 ・P号館:薬学科薬学部開設にあわせ新築された専用の学部棟。
  棟内は(エントランスをはさみ、右側の講義棟と左側の研究棟に分かれ、模擬病院薬局・模擬調剤薬局のほか専門分野別の多彩な実習室、情報処理演習室)があります。
  設備:模擬病院薬局・模擬調剤薬局、・保健薬局実習室、実験室、標本室、コンピュータ演習室、情報処理室・図書室、X-band ESR(電子スピン共鳴)装置

【空港キャンパス】
・宇宙航空システム工学科(航空操縦学・航空整備学)
・日本の大学で唯一の「空港キャンパス」、熊本空港をベースにフライト実習
 北ウイング:航空操縦学専攻の訓練施設
 単発実習セスナ機4機に双発実習バロン機2機を用いたフライト実習で、操縦技術を身につけていく。また、地上ではフライトシミュレーターによって、さまざまな飛行状況を作り出し模擬飛行訓練を行う。
 南ウイング:航空整備学専攻の訓練施設
 「企業が求める実践力のある技術者の育成」という教育理念のもと、ソカタ TB-9 5機、パイパー セネカ 1機を点検・整備実習を行っていく中で、航空の安全を追求していく。

【英語学習施設】
【(SILC:Sojo International Learning Center)】
・SILCは、英語を楽しく学べる学習施設です。全学科の総合教育科目「英語」の授業はここで行われます。また、もっと英語を学習したい学生をサポートする学習環境も備えています。
(SALC:Self-Access Learning Center)SILC2階
・自立律学習をサポートするSALC Self-Access Learning Centerセンターです。
・SALCは、先生や友人たちとリラックスしながらコミュニケーションをとるカンバセーションラウンジを有する。

詳細

見学施設名 各学部棟(工学部、情報学部、生物生命学部、芸術学部、薬学部)、空港キャンパス、SILC
HP http://www.sojo-u.ac.jp/
分野 学校教育-各種研究
旅行目的 各学部棟見学
受入可能人数 要相談
訪問可能曜日・時間 要相談
料金 無料
通訳 必要
事業内容 ◇崇城大学は、建学の精神「体・徳・智」の下、豊かな人間性と「いのちとくらし」に関する高度な専門性を有する人材を育成し、人物および技能の両面を通して、「いのちとくらし」の各専門分野における革新と貢献をめざします。そのため、本学の教育の実践においては、汎用的能力と各専門分野の基礎力の修得に重きをおき、将来、社会において人々から信頼され、いかなる仕事にも容易に習熟できる能力を養成することを目標とします。
担当者 地域共創センター 吉永様
窓口担当電話番号 096-326-3418
メールアドレス hiro@ofc.sojo-u.ac.jp
ページの先頭へ