企業紹介

深川製磁株式会社

視察内容

◇60分(展示館見学30分+アウトレットショッピング30分)の視察スケジュール
【視察・見学内容】
・案内ガイドの説明による①「忠次舘(ちゅうじかん)」展示品の見学の後、
②「瓷器倉(じきぐら)」に案内してアウトレット磁器商品のショッピングを体験。視察見学の前後に④のフレンチレストラン「究林登(クリント)」での創作カレーライスの昼食対応も可能(最大80名くらいまで)。
①「忠次舘(ちゅうじかん)」
深川製磁の初代 深川忠次の作品とその様式(スタイル)を継承している作品を同時に展示する展示施設であるとともに、深川製磁の磁器を展示販売するコーナーや喫茶コーナーを備えた総合施設で、専門ガイドによる解説・案内を実施することが可能。
館内では、ほぼ百年に渡り門外不出として本店参考館に所蔵していた1900年パリ万国博覧会金賞受賞の「大花瓶」を一般公開している。 パリ万国博覧会当時の作品から現代の最新作までを同時に展示しており、深川様式の魅力を堪能できる展示施設。
②「瓷器倉(じきぐら)」
深川製磁唯一の工場直営の「アウトレット」磁器販売施設。廃盤やセット崩れなどの規格外品や倉庫に眠る「はんぱもの」「掘出し物」が多数販売されており、ここだけでしか手に入らない特別価格の深川製磁の磁器を購入することが可能。少人数(最大10名くらい)であれば磁器への絵付体験(有料)も可能。(事前予約が必要。)
③「敏子(としこ)メモリアルガーデン」
毎年美しいラベンダーの花が咲く「忠次舘」そばの庭園。2代目社長・深川進氏の妻・敏子氏の出身地である北海道を象徴する花のラベンダーを敷地内に植えたもので、毎年5月中旬~6月初旬頃に一面のラベンダーを見ることができる。
④「究林登(クリント)」(ファクトリーサイドレストラン)
深川製磁の器と地元の食材を活かした創作フレンチを味わうことが出来る、自然の中にたたずむお洒落なレストラン。四季に応じて変化する景色と旬の地元食材を使った創作料理を楽しむことができ、10名を超えるグループにも創作カレーライスで昼食対応が可能。(個室有。最大○名まで)

詳細

見学施設名 “CHINA ON THE PARK” 「チャイナ・オン・ザ・パーク」
住所 佐賀県西松浦郡有田町原明乙111
見学施設電話番号 0955-46-3900
HP http://www.fukagawa-seiji.co.jp/index.php
分野 有田焼陶磁器の製造販売
旅行目的 1900年以降の有田焼磁器の展示品の見学と有田焼の歴史のレクチャー
受入可能人数 120名まで
駐車場 大型バス駐車可
訪問可能曜日・時間 火曜日を除く毎日9:00~17:30 土曜・日曜・祝日も可
(瓷器倉(じきぐら)のみ火曜日も営業、ショッピングは可)
料金 無料
通訳 要手配(日本語ガイドは有)
事業内容 ・明治27年創業、宮内省御用達の有田焼陶磁器製造・販売会社である深川
製磁(株)が平成元年に新設した、歴代の深川製磁の磁器展示・販売施設「忠次舘(ちゅうじかん)」と工場直営のアウトレット磁器販売施設「瓷器倉(じきぐら)」、フレンチレストラン「究林登(クリント)」、ラベンダー庭園からなる有田焼の総合見学施設。
敷地は広大で、敷地内に本社事務所、上絵付け工場、配送センターもあり、大型バス3台を含む普通車150台規模の駐車場も完備されており、コンベンション後のエキスカーションやインセンティブツアーでの視察には最適な施設。
アウトレットでは、程度のいい有田焼磁器の規格外品をリーズナブルな価格で購入することが可能。
予約詳細 要事前予約
ページの先頭へ